fc2ブログ
 
■プロフィール

クリエイトウェーブ

Author:クリエイトウェーブ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。
mail : info@createwave.jp

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
Cloud Functionsのプログラムソースをサーバーからもってくる方法
FireBaseでCloud Functionsのデプロイされてるサーバープログラムをごくたまに見れないかなあと思うときがあります。
通常はGitHubで管理してるので、GitHub見ればいいのですが今のデプロイされたサーバー状態を見たいときや出先でサーバーファイル見たいとき(GitHubで見ろ!って意見もあるかもしれないけど、デプロイ状態を見たい時)

昔はPHPでサーバープログラム書いてたときは、開発中はアップするときもSCPやFTPとかでやってた事が多かったのですぐみれたけど、方法はないのかなあと。

そしたら意外に簡単に見れたので自分がテストに作ったプロジェクトで参考にメモっておきます。


まずFireBaseコンソールの設定ボタンを押し、「プロジェクトの設定」を選択します。
blog1.png


「プロジェクトの設定」画面になったら「サービスアカウント」を選択しましょう。
「サービスアカウント」に移ると、右側に「サービスアカウント権限の管理」というリンクがあるので選択します。
blog2.png

blog2_1.png


そうすると紐付いてるGCPコンソールに移動しますので、
「Google Cloud Platfrom」と書かれた左側の棒三本の設定ボタンを押します。
blog3.png


現れたメニューの中から「Cloud Functions」を選びましょう。
blog4.png


デプロイされてる関数が並んでいます。
どの関数でも良いので、関数の名前を選択します。
blog5.png


遷移した先で、「ソース」をクリックすると、「Zipをダウンロード」というボタンがあります。
実際に落としてみましたが、デプロしてる全関数のファイルが格納されてました。
またCloud Functionで自分が書いてデプロイしてるファイルが、IDEで操作してるようにファイル一覧が見れて、移動して確認する事も出来ました。

blog6.png


カテゴリー:FireBase | TM(0) | CM(0)
import firebase from 'firebase' でエラー
訳あって、Vue勉強しはじめたのですが、FireBase認証やってみようと思いました。
VueでFireBase認証やってる人は多いみたいでサンプルとか多いので苦戦はしないだろうと思っていたら、落とし穴が・・・

import firebase from 'firebase'
がうまくいかない。
エラーメッセージでは、
npm install --save firebase
を実行しなさいとか出てるけど、そんな事はとっくにやってるよ〜

海外サイトとか色々見てみましたが、いっこうに解決しそうな気がしない。諦めかけたときに別視点でググって、!と思う情報を発見。

FirebaseのバージョンがV8からV9に上がってるらしく、2021年9月時点では、
npm install --save firebase
ではV9が入るもよう。そしてこれが厄介なのだが
import firebase from 'firebase' では読み込めないように書式が変わってしまっていた。

おいおいおいおい・・・ と思いながら、じゃあどう書くんだと調べたら
import firebase from 'firebase/compat';

でちゃんと動くようになります。
ただこの書き方は、V8で作られてるソースをV9で互換性を高めるための書き方で、V9の書き方はまた別のがあるようです。
とりあえずネットみてもV8のサンプルばかりなので、
import firebase from 'firebase/compat';
でしばらくはいこうと思います。

こういうのが一番疲れる。。。


カテゴリー:FireBase | TM(0) | CM(0)
uGUIドラッグを座標に変換
Unityでアプリを作るときに、uGUIでドラッグ実装をすることは良くあると思います。
IBeginDragHandler, IDragHandler, IEndDragHandler3つのインターフェースを継承するもので、検索するといっぱいでてきます。

ドラッグ中に
public void OnEndDrag(PointerEventData eventData)
{
   Debug.Log(eventData.delta);
}

等でeventData.deltaを使ってるとおもいますが、eventData.deltaから座標を取得したいときってあると思います。
把握したのでここに載せておきます。


uGUI(Canvas)内のIBeginDragHandler, IDragHandler, IEndDragHandlerを継承したMonoBehaviourのLocalPosition

そのLocalPositionをCanvas上のPositionへ変更し
MainCameraに対してWorld座標へ変換しています。

これでuGUI上でドラッグして座標を広いuGUI外のUnity2D(Sprite)や、3DのGameObjectに対して使える座標を使うことができます。


カテゴリー:Unity | TM(0) | CM(0)
UnityのAndroidビルドでVulkanエラー
Unityで色々仕事を受けてると、色々なAssetを使う事になります。
ゲームであれば、3Dモデルやモーション、音やUIなども良くAssetStoreから買いますし、ブルートゥースとかのAssetとか、その他諸々。

さてあるAssetを入れたら、アンドロイドのビルドが通らなくなりました。

BuildFailedException: Unsupported graphics API: OpenGLES3 or OpenGLES2 for this platform, but the selected graphics API is Vulkan. Please go to Player Settings and set "Graphics APIs" to OpenGLES3 or OpenGLES2.
とか
Error building Player: BuildFailedException: Unsupported graphics API: OpenGLES3 or OpenGLES2 for this platform, but the selected graphics API is Vulkan. Please go to Player Settings and set "Graphics APIs" to OpenGLES3 or OpenGLES2.

とか出てる。。。。

なんじゃこりゃ!?

しばらく格闘してやっと解決。忘れないうちにメモっておきます。
Project Settings の Androdの Graphics APIsの設定を修正したらビルドが通るようになりました。
デフォルトだとVulkanが上の方にあってOpenGLES3が下にあります。
この順番を入れ替えます。
VALKAN

Vulkanってなんだ?と思ったら、OpenGLに対して次世代のグラフィックAPIなんですね。
導入したAssetが新しいグラフィックAPIに対応してないって事のようです。

疲れた・・・



カテゴリー:Unity | TM(0) | CM(0)
FireBaseでソーシャルエンジン(ガチャゲー)を作る。どこまでコストを落とせるか
noteに今までのノウハウで
FireBaseでソーシャルエンジン(ガチャゲー)を作る。どこまでコストを落とせるか
を書いてみました。

ブログとNoteを使いわけるか、Noteに移行するか迷ってます。。
まあ、仕事に追われて書けない日も多いのですが、ちょっとした事とかはブログに残しておくと結構後で役に立つ事も多いので、メモ書きとかブログで、ガッツリした内容はnoteがいいのかもしれないですね。

カテゴリー:FireBase | TM(0) | CM(0)
次のページ