FC2ブログ
 
■プロフィール

クリエイトウェーブ

Author:クリエイトウェーブ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。
mail : info@createwave.jp

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ

■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
Flashの歴史を振り返る
この前、Directorの歴史を振り返ってみたので、今度はFlashを振り返ってみる
といっても思いっきり個人的にですが・・


●Flash2
前の会社で、一緒にやってたRK君が、ある日なんかソフトを買ってきました。
なにを、どう調べたのか、「すげえソフトが出た!」と
「これから、これは来るぞ~~」と力説してました。

それが、Flash2
日本で発売されたばかりのFlash

もう、この時点で、Flashアニメの基本的な部分は出来てた気がする。
トゥイーン手法とか、あまり変わってないような・・・

値段は、Win版、Mac版が一緒になってて2万円代だった(3万弱くらい?)

この時点で、Directorみたいに、色々スクリプトが出てくるんだろうなと想像できました。


●Flash3
アップデータのお知らせが来て、やはり2万円代だったような(うろ覚え)

簡単なアクションが組めるようになりました。
アクションのエディタというよりも、アクションを自動的に作っていく簡易的なものでした。

DirectorのLingoに慣れてた自分は、「なんじゃこりゃ。作り憎い~~」
というのが印象に残ってます。

ボタンも勝手にアップとかダウンとか決められててショックでした(笑

ここまで使い方とかこそ、覚えましたが、ほとんど仕事に使ってなかった。
いくつかのホームページのFlashアニメや、映像の仕事の補助的な事に使ってました。

●Flash4
アップデータが、Flash3の時は、Win、Macのハイブリッドでしたが、ここからWin版、Mac版に分かれました。
仕事の機会もなく、アップデートも見送ってました。

そんな時に仕事の依頼。
教育ソフトの説明をFlashアニメで作成するというもの。
内容的に、すごいハード・・・・

そして、その時点で既にFlash5が発売秒読み。
Flash4の購入がFlash5の無償アップデート期間に入っていた為に、一挙にFlash5まで買うこととなりました。

考えてみるとDirector4も、そのパターンだ。4はそういう数字なのか?。

で、教育ソフトの方は、あまりに大変そうって事で、操作そのものをビデオキャプチャーしてQuickTimeにしてDirectorに流すって方向転換になって結局、その仕事には使わない事に(><)


●Flash5
そんな訳で、Flash5購入。
スクリプトがDirectorのように、普通にエディタ感覚で打てるようなりました。
「やはり、こういう風に来た来た~」

しかし、あまり仕事には使わず・・・・
スクリプトが進化しては来ましたが、相変わらずDirectorばかりでした。

●FlashMX(6)
ここまで、来るとスクリプトは、かなり進化します。
Director使いから、Flash使いに転向していった人も、この頃多かったのではないかと思います。

Directorで制作したソフトをFlashに移植って事でアップデートしたような・・・(うろ覚え)
しかし、仕事的には相変わらずDirectorばかり。
そんな中、自分達も、そのうちFlashの方に移っていくんだろうかと、そんな事考えながらもDirectorメインでやってました。

クリエイトウェーブのメンバーは自分以外は、この頃か、5の頃じゃないかな。触ったの
でも仕事がDirectorばっかだったので、それなりに・・・・触っただけです。

Flashビデオ(FLV)が登場!


●FlashMX2004(6)
ノーマル版とProfessional版に分裂。
しかもProfessional版は値段が約倍に・・・・

ActionScript2 登場!!

しばらくアップデートしませんでした。
仕事もDirectorばかりだったので、Flashも仕事増やさねばと思ってたところにFlashゲーム制作の仕事が決まりました。
FlashCommunicationサーバーとかも絡んで、いきなりハイレベル。

いきなり会議に参加する事になってドキドキもの。
仕事が完全に決まったと確認できたので、会議が終わった後、その足でヨドバシカメラにアップデータを買いにいきました。(遅!

この頃、仕事環境をMacOs9からWinXpに移行。
MXまで、Win版、Mac版両方あげてましたが、Winのみにしました。

アップデータをノーマルにするか、Professionalにするか迷うも、結局Professionalへ
後でFlashLiteの仕事も増えてきたので、Professionalにしといて良かったぁ~~
ノーマル版は、FlashLiteが制作できませんでした。

ここからFlashの仕事が、俄然増えてきました。

しかし、ActionScript2よりActionScript1で組んでました。
本とかActionScript2対応とかうたってて、説明少し、サンプルActionScript1の本とかも多かった。

仕事が本格的になってきて、資料も少なかったActionScript2まで、いきなり手が回らなかったのが本当の所かな。
周りの別会社の技術者さんたちも、ActionScript1中心だったので、これはこれで困らなかった。


●Flash8
Flashビデオにon2が登場!! 今までのSorensonより高画質、高圧縮になりました。

ベクター素材がビットマップキャッシュ化出来るように。
それにより、エフェクトも付けられるように。

FlashLite2の制作が可能に!!

組み方をActionScript2中心に移行していきました。


●FlashCS3(9)
クリエイトウェーブ出来て初めて買ったFlash。
Adobe初のFlashでもあります。

ActionScript3登場!!

現在に至る。

最近のPC用Flashの仕事は、ActionScript3が中心になってきました。
ActionScript2が、なぜか、あまりない。(クリエイトだけ?)

携帯がFlashLite2に移行してくれると、ActionScript2使えて丁度いいんですけどね。
あっちは未だLite1.1を引きずってるので、ActionScript1でさえないアクションのままです。


テーマ:Flash - ジャンル:コンピュータ

カテゴリー:Flash | TM(0) | CM(0)