FC2ブログ
 
■プロフィール

クリエイトウェーブ

Author:クリエイトウェーブ
開発における、諸々を書いていきたいなと思っています。
mail : info@createwave.jp

■最近の記事
■カテゴリー
■最近のコメント
■月別アーカイブ
■最近のトラックバック
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
FireBaseのUserIDじゃなく、UserTokenを使う
あけましておめでとうございます。
今年も、UnityとFireBaseガンガンやっていきます。

さて、早速ですが、UnityとFioreBaseのCloudFunctionでやりとりするときに、FioreBaseのUserIDを使うのがシンプルですが、UserTokenを使う手もあります。
トークンは、CloudFunction上でUserIDに変換され、トークンは一定時間で変化するのでセキュリティ的にもUserIDで直接やりとりするよりも強力です。

まずは、Unity側
-----------------------------------------------------------
Firebase.Auth.FirebaseUser user = auth.CurrentUser;
user.TokenAsync(true).ContinueWith(task => {
 if (task.IsCanceled) {
   Debug.LogError("TokenAsync was canceled.");
   return;
 }

 if (task.IsFaulted) {
   Debug.LogError("TokenAsync encountered an error: " + task.Exception);
   return;
 }
 string token = task.Result;//ここでトークンを取得
});
-----------------------------------------------------------
こんな感じです。

次に、受け取ったトークンをUserIDに変換するCloudFunction側
-----------------------------------------------------------
admin.auth().verifyIdToken(token)
 .then(function (decodedToken) {
   fireBaseId = decodedToken.uid;//変換されたUserID
   return
 }).catch(function (error) {
   //エラー処理
});
-----------------------------------------------------------
こんな感じです。


カテゴリー:Unity&FireBase | TM(0) | CM(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad